PMSのイライラを改善するには?

PMSは女性の10%程度に起こる症状で病気とはいえないものです。

 

しかし病気ではないからといって何も対策しないととても辛い状態です。

 

 

 

ですので、なんとかPMSを解消するためにできることを紹介します。

 

PMSは重い方と軽い方がいると思います。

 

  • 日常生活が送れなくなって寝込んでしまう方や、
  • 少しイライラする程度の人、
  • 薬を飲んででもどうしても治したいという人
  • 薬を飲むほどではないけれど症状が辛いという方
  • セルフケアをしたいという方
  • アロマを使いたい方

色々といると思います。

 

セルフケアでは全部の症状を抑えることはできませんが、生活が苦しくならない程度に症状を抑えることができるようになります。

 

実際に自分で少しずつ解消することでPMSが良くなっていく場合もあります。

 

PMSセルフケア方法
PMSのセルフケア方法について書いていきます。飲む日焼け止め

 

まず自分なりにできることとして精神状態や体調良い方向に向かっていかれるようにすることです。

 

そうすることで自信がついて精神状態も安定します。

 

自分なりに原因を分析し、こうしたらよくなるというようなことを考えてメモをして眺めるというだけでも精神的に安定する場合があります。

 

そして自分の考え方などを変えてPMSだからイライラしても仕方ないというふうに開き直るようになるとイライラしてはいけないと思っていた自分がいたわれるようになります。

 

食生活を改善してイライラを解消する

飲む日焼け止め

 

飲む日焼け止めを改善することで症状が少し良くなる場合もあります。

 

まず食生活を改善する方法としては食事を規則的に食べるという点があります。

 

仕事をしていて朝は忙しくて食事が取れないという方も多いと思いますが、もしかしたらPMSがそれで悪化しているかもしれません。

 

いつもとはいいませんが、生理前にPMSの症状が出るときだけでも少し朝食を食べて三色を守るという風にしたら良いかもしれません。

 

あまりにも時間がない場合は、飴を舐めたり牛乳を飲むだけでもいいと思います。

 

朝食を完全に抜いてしまうよりはPMSに良いと思います。

 

そしてバランスの良い食事をとることが大事です。

 

カリウムやカルシウムはやはり大切

飲む日焼け止め

 

カリウムの多い刻み昆布やワカメさつまいもや枝豆などは、日常的に取り入れやすくカリウムをとるとことで塩分濃度を下げることもできます。

 

カルシウムは昔からイライラに直結する成分として知られていてカルシウムが不足していると男性でも女性でもイライラが募るといわれています。

 

カルシウムが含まれている食品としてはチーズはもちろんのことヨーグルトや牛乳などの乳製品小松菜や高野豆腐といった野菜や豆にも含まれています。

 

マグネシウムをイライラの原因になり不足するとイライラしてしまうということはわかっています。

 

マグネシウムは微量元素などでなかなか、たくさん取れる食品というのはないのですが、きなこやかぼちゃの種アーモンドのような油っけ飲み物に含まれている場合が多いです。

 

太陽に負けないサプリ.publicpolicyresearch.net

 

もしマグネシウムをたくさん含まれている食品が取れない場合はサプリメントで補うという方法もあります。

 

そしてビタミンb6が飲む日焼け止めに無関係しています。

 

飲む日焼け止めの効果は?身体の中から対策できるの?

 

ビタミンB6は魚肉などに多く含まれていてまぐろや、鳥レバーなどに多く含まれています。

 

生理前はビタミンbのバランスが崩れて血液中から大幅に減少してしまうといわれています。

 

ですので、サプリメントを使ってでもビタミンb6を取った方がイライラに効果があります。

 

甘いものをむやみの抑えない生理前というのはPMSの症状で甘いものが食べたくなります。

 

これは妊娠初期に食べたいものが変わってしまうという状態と似ていて生理前には甘いものが無性に食べたくなるという方がとても多いと思います。

 

甘いものは太る原因なるので生理前でもなるべく抑えたいと思っている人がいると思います。

 

まんこをピンクにしたいときはこのサイトを閲覧します。
まんこピンク

 

しかしこれは体が甘いものを欲しがっているために起こる現象ですので、早めに抑えてればいいというものではありません。

 

しかし砂糖の摂り過ぎは良くないので、その他に炭水化物がとれる食品としてご飯やパンなどを取ることで、血糖値が下がらないようにし甘いもの食べたいようきを抑えることができます。