PMSのイライラをピル治療するときの副作用

エストロゲン依存ガン(乳がん・卵巣ガンなど)の方
血栓症(肺塞栓症・VTE=静脈血栓症)や心筋梗塞・脳梗塞などがある方
家族に血栓症の方がいて、血栓の遺伝的リスクがある方
閃輝暗点がある偏頭痛の方
糖尿病で血管障害がある方
高コレステロール血症など脂質異常症が重い場合

 

 

ピル治療3つの注意すべき副作用

 

ピルを飲むと偽の妊娠状態になります。
そのため飲み始めてから1〜3ヶ月は妊娠の初期症状(胸の張り・吐き気・頭痛・イライラ・食欲が増すなど)が出ることが多いです。

 

生理前のイライラ(PMS)治療では、超低用量ピルや低用量ピルが使われます。
従来型よりもホルモン量が少ないため「低用量」という名前がついています。
が、低用量でも副作用はあります。(「低用量」でも更年期障害で使われるホルモン剤の4倍入っている)

 

 

太る

低用量だと太らないという意見もありますが、食欲が増すこととむくみがでることで1〜2kgは太る場合が多いです。

 

不正出血

今主流のPMS治療のピルは以前のピルより不正出血の頻度が高いです。
飲み忘れや体調によっては生理が早く来てしまいます。

 

血栓症のリスクが高くなる

まれですが、ピルには静脈血栓など血管を詰まらせる副作用があります。

 

 

赤ちゃんが欲しいとピルは飲めない?

 

ピルには避妊作用があります。
妊娠を希望している場合はもちろんピルは飲めません。
ホルモン剤なので授乳中も飲めません。

 

ただピルをやめれば2ヶ月程度で普通の生理に戻るので、今すぐ妊娠したい方以外は飲めます。

 

ピル禁止ではありませんが、40歳以上の方や高度の肥満の方はピルは要注意です。

 

 

ホルモンバランスを整えるPMSサプリ

生理を止めることなくやさしくホルモンバランスを整えてくれるPMSサプリメントがあります。
生理前の症状によい「女性のミカタ すこやか編」ハーブがはいっています。

 

PMSをなんとかしたい、でもピルが飲めない!という方におすすめです。
ハーブだと弱そうですが、フラボノイド配糖体という女性ホルモンに似た構造の成分が入っていて、生理前のイライラ・体の不調に効いてくれます。

 

このハーブ、ピルと違って副作用がほとんど報告されていません。

 

PMSだけでもつらいのに、ピルの副作用は1ヶ月以上も続くのか・・
ハーブサプリなら、1ヶ月で効果がでますし、副作用もないので安心です。