pmsをピル以外で改善するには?

子供が欲しい、ピル以外でpmsの症状を治す方法はない?ピル以外でpms症状を改善するにはどんな方法があるのでしょうか。

 

子供欲しいピル

 

ピルはpmsに効果的ですが、避妊作用があるため子供がほしいときは飲めません。
ピル以外でpms症状を改善するにはどんな方法があるのでしょうか

 

ピル以外での改善策はふたつ考えられます。

  1. 漢方薬を使う
  2. pmsサプリを使う

 

 

その1.漢方薬でPMS治療

 

漢方は女性の不調も得意分野です。

 

pmsなど月経トラブルでは、気と血の異常が関係すると考えられています。

 

pmsの症状には

  • 桂枝茯苓丸(血の巡りをよくする)
  • 抑肝散(神経の高ぶりを鎮める)
  • 当帰芍薬散(血の巡りを良くする)
  • 加味逍遙散(イライラや不安を抑える)

などよく用いられます。

 

漢方は漢方薬を飲むだけでなく、体質改善も大切でじっくり治していきたい方向けです。

 

漢方の副作用は?
カンゾウ(甘草)が入っている漢方薬は、高血圧や偽アルドステロン症などが起こることもあるため、妊娠中に飲む場合は病院に相談しましょう。

 

 

その2.PMSサプリで生理前の症状を緩和

 

pmsサプリといえば、テアニン(お茶)、ガンマリノレン酸(月見草)、セントジョーンズワート(ハーブ)、イソフラボンなどがあります。

 

生理前のホルモンバランス

 

そのなかで「チェストツリー」という西洋ハーブが効果的です。
チェストツリーにはホルモンを調節する作用があるとされpms改善に効果が期待できます。

 

生理前のホルモンバランス

 

ホルモンの乱れをサポートするので、イライラだけでなく生理前の頭痛や胸の張り、だるさといった体の症状にも期待できます。

 

それでもピルのような排卵を止める作用はないので子供が望めます。

 

副作用がほとんどないのも大きなメリットですね。

 

ピルが飲めないときpmsを早めに改善したい場合は、チェストツリー配合pmsサプリがおすすめです。

 

 

チェストツリーサプリは

効果が1ヶ月程度でわかる
医薬品にも使われている
副作用がほぼない

 

妊娠したくてピルが飲めないけれど、pmsの症状を和らげたいという方に最適なイライラ改善策です。