漢方は生理前の激しいイライラに効かない?

ピルが飲めないから漢方薬を検討しているけれど、漢方はイライラに本当に効果があるの?ホルモンに効く?漢方の効果や他の対処法も同時にご紹介!

 

  • 強い薬に頼りたくない
  • ピルが合わなかった
  • 抗不安剤は眠くなる

 

漢方薬は強いPMSのイライラに効くのでしょうか?

 

漢方は西洋薬のような早くて強い効果は期待できません。
またピルのような直接ホルモンへ働きかける作用もありません。
ただ、ピルや抗うつ剤のようなつらい副作用がないというメリットがあります。

 

漢方薬は顆粒や錠剤などがあります。
実は、加工されたものは効果が弱いです。
そのためPMSイライラで漢方を使いたい場合は、生薬を個人個人にあわせて配合した煎剤(煎じ薬)を使うのがベストです。
漢方医学では「証」(体質のようなもの)で処方薬が変わります。
同じ症状でも、証が違うと薬が変わりますので自信のない方は漢方薬局で合うか相談してみましょう。

 

イライラには、抑肝散・抑肝散加陳皮半夏・竜胆瀉肝湯などが使われます。

 

漢方薬は
西洋薬に比べ激しい副作用がないというメリットがありますが、1日3回、数グラム飲まないといけないものが多いです。また、漢方を併用している場合は、カンゾウを取り過ぎないように注意が必要です。

 

 

 

漢方はホルモンに直接効かない

 

PMS症状のイライラは、ホルモンバランスの変化で起きるとされています。
ただ、漢方薬は直接ホルモンのバランスに効きません。

 

それで効果がないな、少ししか効いていないなと感じる場合も。

 

漢方はじっくり効いてくるとよくいいますが、イライラには即効性があります。
もし2週間飲んでもイライラが治まらないなら、漢方薬が体質に合っていないためかもしれません。

 

 

ホルモンを整える天然成分ならチェストツリー

イライラを漢方で治したい方は、

  • 強い薬に頼りたくない
  • 抗不安剤は眠くなる
  • ピルが合わなかった

 

こんな事情があると思います。

 

ホルモンを調節するためには強い薬を使わないといけない、なんてことはありません。

 

2000年前から生理トラブルに使われてきたチェストツリーというハーブがあります。
フラボノイドという成分が含まれていて、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があるといわれています。

 

PMSに認可された薬もこのチェストツリーが入っています。
海外ではピルや抗うつ剤などの治療の前に積極的に使われています。

 

ハーブなので副作用は心配なく、強い作用で眠くなったりということもありません。

 

イライラが漢方でよくならなかったな、という方はぜひ一度使ってみてください。

 

下にチェストツリーが入っているおすすめのサプリを紹介します。

 

女性のミカタ すこやか編  
チェストツリー40mg配合 飲むのは1日1回2粒だけ!飲みやすいカプセルでお好きな時間にさっと飲めます。
効果は早いと2週間〜、6割が1ヶ月目で、遅くても3周期目までにははっきりします。